安泰寺ではたくさんの仏様をおまつりしております。

すべての観音菩薩の基となり慈悲の心で人々の悩み苦しみを聞いて救ってくださる仏様です。人々の悩み苦しみに合わせていろいろな姿であらわれ、また六観音の一人であり来世六道の餓鬼道を救ってくださる仏様でもあります。

お釈迦様の弟子で、仏法を守り人々を救済することを誓った16人の修行者で曹洞宗の寺に多くまつられています。1824年(文政7年)に本堂の西側に安置され、平成12年に一寄進で修復されました。


本堂の左奥の向かって右側の厨子の中に、天台宗開祖の空海のご尊像をおまつりしています。毎年弘法様の命日にはお接待をしています。


本堂の左奥の真ん中の厨子の中に妊婦の安産をお守りする木造の地蔵様をおまつりしています。安産祈願などのご祈祷をお受けしています。


山門右手前にある石仏で、おそなえしてある小石で「いぼ」をなでてお祈りします。いぼがとれたら自分の年齢の数の小石をお返しするとされます。